ハニーココの副作用が心配

 

プエラリアの副作用が心配です

ハニーココ1,000円

キャッシュバックはこちらから

 

 

ハニーココサプリの主成分はプエラリア

 

バストアップサプリには必ずといっていいほど配合されている成分ですが、プエラリアって何?という人のためにおさらいしてみましょう。

 

プエラリアとは、タイの一部の地域に自生するマメ科の植物で、地元では古くから若返りの薬として食されてきました。

 

 

脚光を浴びたのは、1960年にイギリスの学術雑誌「ネイチャー」に取り上げられたことがきっかけになりました。

 

プエラリアは、女性ホルモンを活性化するイソフラボンを大豆の約40倍含有、さらにプエラリンという美乳効果を持つ成分を多く含む」と発表されたことで一躍注目されるようになりました。

 

ここで注目したいのがプエラリンという成分で、大豆には全く含まれていません。プエラリアは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た成分を大豆の約40倍含有しているうえに、美乳成分プエラリンまで含有しています。

 

これがボンっキュボンなボディ、ツヤのある髪、ハリのあるなめらかな肌を実現できる理由なのです。ここまではいいことばかりですが、プエラリアには頭痛、吐き気、吹き出物、不正出血、生理不順、胃もたれなどの副作用があるという噂があります。

 

ハニーココサプリは大丈夫なの?

 

結論からいうと、正しい飲み方をすれば、副作用の心配はほとんどありません。

 

副作用を起こす主な原因

 

  • 摂取量を守らない
  • 飲むタイミング

 

プエラリアの摂取量
プエラリアは、ホルモンに作用するサプリメントなので、一度にたくさん飲み過ぎると、ホルモンのバランスを崩して、副作用を起こす場合があります。

 

プエラリアの1日の上限摂取量は400mgまでといわれています。ハニーココサプリは1日5粒で250rのプエラリアを摂取できます。そして公式サイトには1日5粒と記載されているので、必ず守りましょう。

 

おいしくてついポリポリ食べ過ぎちゃったはNGです。ましてやたくさん飲めば、あっという間に巨乳!!なんてことはないですよ(^^;)

 

生理中は控えましょう
プエラリアには、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きがあるので、飲むタイミングも大切なポイントになります。

 

積極的に飲みたい時期
卵胞期:生理の終わり頃から排卵日まで

 

エストロゲンの分泌が活発になる卵胞期に摂取することによって、エストロゲンの分泌を促進してバストアップ効果を促進することが期待できます。

 

摂取を控えたほうがいい時期
黄体期:排卵後から次の生理が始まる約2週間

 

黄体期に入ると、エストロゲンの分泌が減り、代わりにプロゲストロンの分泌が活発化します。この時期にエストロゲンの分泌を促進するプエラリアを摂取すると、ホルモンバランスを崩し、副作用を起こしてしまう可能性がでてきてしまいます。

 

ハニーココの上手な飲み方

 

  • 1日5粒の摂取量を守ること
  • 黄体期は摂取量を減らすこと
  • 生理の1日〜3日目までは飲まない

 

あとは個人差もあるので、体調を見ながら調整していきましょう。

 

注意点としては

  • 体調不良の時は無理して飲まない
  • 薬と一緒に飲まない
  • 妊娠・授乳中は医師に相談すること

 

正しい飲み方を守って、ボンッキュボンなボディを目指しましょう。

 

ハニーココ最安値はこちらから